ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

記者はなぜ現場からいなくなったのか [原発とメディア]

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

記者はなぜ現場からいなくなったのか [原発とメディア]

著作:朝日新聞社

価格: 200円+税16円

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

原発事故直後、情報が錯綜するなか記者は被災現場周辺にいた。日増しに被曝の危険性は高まり、朝日新聞社はチェルノブイリ事故を参考に原発30キロ圏内から退避するよう記者に命じた。反発する記者もいたが、圏外からメールや電話で取材した。食料も情報も届かない被災住民は怒り落胆した。現場か、安全か……多くの朝日新聞記者の取材活動をたどり、11年7月の「原発ゼロ」社説掲載までの長い経緯と激論を紹介しつつ、原発と報道の責務を詳しく検証する。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
記者はなぜ現場からいなくなったのか [原発とメディア]
提供
開始日
2013年
12月25日
ファイル
容量
約6MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
朝日新聞デジタルSELECT
出版社 朝日新聞社
カテゴリー 文芸
ジャンル ノンフィクション
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる