女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

ビジネス 

松浦弥太郎のハロー、ボンジュール、ニーハオ

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

松浦弥太郎のハロー、ボンジュール、ニーハオ

著作:松浦弥太郎

価格: 910円+税72円

4.0011

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

『暮しの手帖』編集長であり、文筆家、書店経営者としても活躍する、著者の松浦弥太郎氏が実践している、英語、フランス語、中国語の学習。それは、松浦氏の「母国語を含めて、三カ国語くらい話せるのが当たり前になるし、実際に可能である」というビジョンに依拠する。氏がこの三カ国語を選んだのは、「この三つができれば、世界のどこへ行っても不自由しない」ということ。著者のこれまでの海外滞在経験や、国際文化交流、学習などを軸に、“語学力を獲得し、視野を広げ、教養を深める”という、これからのグローバル時代に求められることを、松浦弥太郎氏ならではの「ていねいでゆたかな仕事論」をベースに説く。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(11件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    55_muramon2015年9月21日

    【No.269】「成功している人の多くは、ちょっと無謀ともとれるようなスピード感と行動力が備わっている」「人の成長は、自分が賢いと思った瞬間に止まるもの。自分が無知であるという意識から、何かを学ぼうという姿勢が生じる」「知的投資は必ず自分の...

    全文表示
  • 5

    rokokokoro2014年12月20日

    これからの時代、どう生きていくか。
    アメリカ、フランス、中国の文化や現地の人の考え方をもとに、日本人である私たちが国際社会でどのように生き残っていくか。実際に様々なことに国境を越えて挑戦し続ける著者だからこそ、非常に説得力のある一冊でした。

  • 0

    H.Sato2014年8月3日

    様々な国の人たちと方を並べられる、自分らしさや考え方、学ぶ習慣などを身に着けることが、大切な新たなベーシック。
    困難な状況に陥った時、人は初めて、そこから何かを学ぶ。大切なのはそこでしっぽを巻いて逃げずに、しっかりと向き合い、懸命に考...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
松浦弥太郎のハロー、ボンジュール、ニーハオ
提供
開始日
2013年
12月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 朝日新聞出版
カテゴリー ビジネス
ジャンル ビジネス、経済
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる