女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

高杉晋作の「革命日記」

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

高杉晋作の「革命日記」

著作:一坂太郎

価格: 500円+税40円

4.3012

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

幕末の長州藩で百姓・町人なども動員して奇兵隊を作り、幕府軍をみごと打ち破る高杉晋作は、六篇の日記を残している。そこには――江戸への航海記、東国での武者修行の旅、小姓役として若殿様に仕える日々、そして幕府貿易視察団に加わり上海に滞在して目にした欧米列強の力、のちに藩命に反したとして牢に繋がれた波乱と革新の生涯が描かれている。それを現代語でよみがえらせた。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.30(12件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3 ネタバレ

    multi-vitamin2014年12月22日

    高杉晋作の日記六冊の現代語訳。年齢でいえば満22歳から26歳の時期。新社会人になった小姓として上役や先輩から指示を受けて働く様子や野山獄中で思い悩む様子は身近な存在として好感が持てる。幕末の「志士」は大なり小なり偶像化されてしまってるけど、...

    全文表示
  • 0

    メグミ2014年9月19日

    「僕の誕生日。心の中で、少し祝う。」こ、ここに可愛い生き物がおるでー!高杉晋作のイメージといえばクールでニヒルで格好いい。動けば雷電の如く、発すれば 風雨の如し。なんだかマンガの登場人物みたいで出来すぎてる感すらある。でも日記に書かれている...

    全文表示
  • 0

    みっきぃ2013年5月21日

    2010年発行。高杉晋作小伝と、「東帆録」「試撃行日譜」「せつ御日誌」「初番手日誌」「遊清五録」「投獄文記」の6篇の日記の現代語訳。一番興味深かったのは「遊清五録」。「初番手日誌」で「僕の誕生日。心の中で、少し祝う。」がなんだかかわいらしく...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
高杉晋作の「革命日記」
提供
開始日
2013年
12月20日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
朝日新書
出版社 朝日新聞出版
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • かんき出版創立40周年記念 あなたの悩みにこたえる、自分を変える40冊40%OFF!(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる