ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~

著作:山口仲美

価格: 660円+税52円

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

昔の日本では赤ん坊は「イガイガ」と泣き、朝日は「つるつる」と昇っていた? 擬音語、擬態語の面白さに魅せられた国語学者が案内する不思議で楽しい日本語ワールド!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~
提供
開始日
2013年
12月20日
ファイル
容量
約5MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
光文社新書
出版社 光文社
カテゴリー 専門書
ジャンル 実用、スポーツ、ホビー
  • デジタルピーチ人気グラビア10円SALE(書籍)
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる