女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

歌麿殺贋事件

著作:高橋克彦

価格: 450円+税36円

3.4010

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

歌麿の「幻の傑作」が発見された? 美術界をゆるがすかもしれぬ事件に雑誌編集者の杉原は勇み立ち、研究家の塔馬双太郎の助手をたのむ。しかし、それは巧妙な贋作だった。そして思いがけず、歌麿は謎の絵師写楽でありえたことまで証明されて……。浮世絵ミステリの白眉といえる秀作。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.40(10件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    もっこ2016年12月1日

    初めましての作家さん。
    歌麿の浮世絵に絡んだ連作短編集です。
    北森鴻さんの陶子堂シリーズが好きなら楽しめます。
    陶子堂シリーズと違うのが、骨董商同士の化かし合いじゃないこと。
    美術雑誌の編集者と私立大学で近世庶民文化...

    全文表示
  • 3

    ちゃげ2014年1月25日

    高橋克彦は時代小説を結構読んでいるが、現代物は短編集程度。まぁ、いつか読もうと思っていた浮世絵シリーズだけど、この歌麿はシリーズの番外みたいになるのかな?6章で独立しており、美術雑誌社員と浮世絵研究者のコンビが悪徳美術商と駈引きで戦う感じ。...

    全文表示
  • 3

    みかりん2012年7月17日

    浮世絵シリーズ、短編連作集。

    今作では「美術現代」の編集者・杉原の視点で。塔馬と杉原の最初の出会いだったり、奈津子さんが塔馬の研究室にやって来た経緯だったり、浮世絵シリーズの裏話的な要素も楽しめる。詐欺師まがいの相手を罠に嵌め...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
歌麿殺贋事件
提供
開始日
2013年
12月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる