ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

凍りついた香り

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

凍りついた香り

著作:小川洋子

価格: 542円+税43円

325円+税26円

3.6067

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

今でも彼の指先が、耳の後ろの小さな窪みに触れた瞬間を覚えている。まずいつもの手つきでびんの蓋を開けた。それから一滴の香水で人差し指を濡らし、もう片方の手で髪をかき上げ、私の身体で一番温かい場所に触れた――。孔雀の羽根、記憶の泉、調香師、数学の問題……いくつかのキーワードから死者をたずねる謎解きが始まる。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.60(67件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    shigeyumi2017年2月15日

    今でも彼の指先が、耳の後ろの小さな窪みに触れた瞬間を覚えている。まずいつもの手つきでびんの蓋を開けた。それから一滴の香水で人差し指を濡らし、もう片方の手で髪をかきあげ、私の身体で一番温かい場所に触れた
    孔雀の羽根、記憶の泉、調香師、数...

    全文表示
  • 5

    本は人生のすべて2017年1月24日

    なんと魅力的な主人公だろうか。視覚を塞ぎ、嗅覚、聴覚、触覚に生きた。
    誰かが損なわれることに我慢がならず、自分を失った弘之。ルーキー。
    プラハのジェニャックも魅力的。言葉を超えた世界。
    最後の算数を教える場面の描写で泣いた...

    全文表示
  • 1

    nyanko2222016年11月14日

    小川洋子の小説は,常に,「死」が寄り添っている感じがする。
    そもそも,主人公の存在が希薄
    主人公は確かに存在するが,「死」にまつわる部分(死者に関する部分)以外はぼんやりとしていて,情景が浮かばない
    何とも,不思議な感覚を...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
凍りついた香り
提供
開始日
2013年
12月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
幻冬舎文庫
出版社 幻冬舎
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 電本フェス 幻冬舎の電子書籍3000冊超が一挙40%以上OFF!(書籍)
  • 本田建『幸せな経済自由人』累計10万部突破記念キャンペーン!(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる