ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

奇蹟審問官アーサー 神の手の不可能殺人

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

奇蹟審問官アーサー 神の手の不可能殺人

著作:柄刀一

価格: 1,000円+税80円

3.6011

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

島田荘司を継ぐ者、柄刀一の神髄。読まずして“本格”ファンとは言わせない! 不可能状況下で連続殺害されていく現代の聖者“十二使徒”。オカルト情報誌記者・室田が遭遇した難事件に、この世の「奇蹟」の真偽を認定するために放たれたバチカンからの使者、“奇蹟審問官”ことアーサー・クレメンスの漆黒の瞳が挑む! これぞ奇蹟と対峙する至高の本格推理。島田荘司を継ぐ者、柄刀一はついに神とも対決する!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.60(11件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    どり2012年2月8日

    ★あらすじ
    南米のとある田舎町で、「現代の十二使徒」と呼ばれる人々が狙われる、連続殺人事件がおきた。しかも、そのどれもが不可能状況で行われているのだ。
    十二使徒の件を調査に訪れていた、バチカンの奇跡調査官アーサーは、殺人事件につ...

    全文表示
  • 5 ネタバレ

    Q明2011年4月18日

    このシリーズはつい時代を中世だと勘違いする。アーサーが情報の解析を始めると現代だと気付いて汗が出る。柄刀氏の話は密度が濃くてとても読み応えがあり、文章も美しい。面白い話なのだが、今回は犯行動悸がこの人数を殺す理由として、個人的に納得出来得な...

    全文表示
  • 0

    空音2011年1月11日

    様々な不可能状況での殺人をひとつひとつ読み解いて最後に大きな謎が解けるという形はとても読んでいてわくわくする。
    全作に共通するがアーサーの他宗教に対する立ち位置が私はとても好きだ。
    そして2010年の最後の一冊。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
奇蹟審問官アーサー 神の手の不可能殺人
提供
開始日
2013年
12月13日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社ノベルス
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • 要点が集約されてわかりやすいビジネス書特集(書籍)
  • オトコが求める素敵なドリームレーベル オトナ文庫フェア!(書籍)
  • こんな恋愛がしたい!!黒羽緋翠先生特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる