女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

昭和文芸史

著作:森まゆみ

価格: 500円+税40円

4.003

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

大正五年の創刊以来、世に女性の多様な生き方を提示してきた『婦人公論』。同時に、その文芸欄は人気作家の競演の場となり、数々の代表作が生み出された。激動の時代をくぐり抜けた誌面から、二三人の作家と作品を通して、昭和文芸の豊穣を味わう。『「婦人公論」にみる昭和文芸史』を改題。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    グレコ2012年10月26日

    作家との距離感が読みやすい。
    文章もさっぱりしていてリズムがよくて好き。
    日本文学史をとらなかったので非常に弱い分野。
    勉強になるが、これを読んでこれに載っている作品を
    読んだよな気になるのが問題。
    電車にのっ...

    全文表示
  • 4

    niwatoko2012年7月12日

    ずっと、どうも近代日本文学とか苦手だーと思っていたんだけど、この作品や「女三人のシベリア鉄道」を読んで、少し身近に感じられてきたような。たとえば、林芙美子。今までいろいろな評伝など読んでもいまひとつぴんとこなくて、森光子の舞台の印象ばかり強...

    全文表示
  • 4

    yasu24112012年5月16日

    「婦人公論」の文芸史であり、著者が女性ということからか、女流作家が多く取り上げられている。野上彌生子、宮本百合子、平林たい子、いずれも知られた作家だが、全く読んだことはなかった。戦中戦後を生きた女流作家の逞しさはとても魅力的だと感じた。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
昭和文芸史
提供
開始日
2013年
12月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
中公文庫
出版社 中央公論新社
カテゴリー 文芸
ジャンル エンターテイメント
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる