ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

逆説の日本史 別巻3 ニッポン[三大]紀行

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

逆説の日本史 別巻3 ニッポン[三大]紀行

著作:井沢元彦

価格: 570円+税45円

3.806

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

日本人はなぜ「三」という霊数が好きなのか。ベストセラー歴史ノンフィクションの金字塔『逆説の日本史』別巻シリーズ第3弾!

日本人ほど「三大――」が好きな民族は珍しい。古代から「三」という数字は、一種の調和を表わす「霊数」であるとされてきた。
たとえば平安時代の書物には、三大建築は「雲太、和二、京三」と記されている。それぞれ出雲太郎、大和二郎、京三郎の意味で、出雲大社、東大寺大仏殿、京都御所を指しているが、実はこの順番は、聖徳太子が制定した憲法十七条の条文にも通底している。これらが示唆する日本人の根本原理とは……!?

ベストセラー歴史ノンフィクションの金字塔『逆説の日本史』別巻シリーズ第3弾「ニッポン[三大]紀行」では、「日本三景」「日本三名山」から「日本三名瀑」「日本三名城」「日本三大霊場」まで、調和を表わす霊数「三」にちなんだ全国津々浦々の聖地を逆説史観で読み解きます。

松尾芭蕉が松島で使った「禁じ手」、かぐや姫が焼いた「不老不死の薬」と富士山の由来、日本城郭史上画期的な秀吉の大坂城、世界最古の木造建築・法隆寺の秘密、佐渡に流された「三大流罪人」、宇佐神宮に祀られる比売大神の正体、……これまでにない新たなアプローチでニッポンの原風景を味わい直す逆説ファン必読の書。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.80(6件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    ホトケ2015年4月4日

    昔は日本という概念がないから日本三大みたいな言い回しは明治以降と、日本人が三大モノが好きな理由を断じたりと作者の考えが面白い。

  • 0

    リカ2013年8月6日

    日本人の好きな「三大——」について、主に聖地を中心にまとめられた本。
    たしかに「三大——」というのは世に多く、覚えやすく、テンポもよく、風格もあるイメージがあります。

    よく...

    全文表示
  • 4 ネタバレ

    Good Will Hunting2013年3月17日

    ★日本三景・・・雲太・和二・京三→日本の古建築で高い建造物ベスト3
    しかし、日本三景という呼称は明治時代に入ってからのこと。
    ★日本三名山・・・富士山・白山・立山
    ・山は座と数える。昔は妻のことを「山の神」と呼ん...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
逆説の日本史 別巻3 ニッポン[三大]紀行
提供
開始日
2013年
12月6日
ファイル
容量
約16MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 小学館
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル ノンフィクション
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)
  • 徳間文庫 創刊37周年記念フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる