ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

ゲッベルス メディア時代の政治宣伝

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

ゲッベルス メディア時代の政治宣伝

著作:平井正

価格: 600円+税48円

3.605

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

ヒトラーを取り巻く人々の中でも、ゲッベルスの特異性は抜きん出ていた。軍隊経験を持たず、常に私服で通し、打算と無縁のヒトラー崇拝を貫き、必ず自らを「博士(ドクトル)」と呼ばせた女誑し。良識ある市民によって選ばれた政治家でも、伝統的保守主義者でもなく、いわばよくある極右崩れの妄想狂だった、ゆがんだ逆行的モダニストが、宣伝の技術と感覚と行動力のみによって大衆を動員していった経緯を、公刊された厖大な日記によって辿る。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.60(5件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    おおやまかん2012年10月8日

    メディア論として読もうとすると、もう少し評価は低くなる。こちらが当時のドイツ状況に詳しくないという点もあるだろうが。人物伝として読むなら、日記に現れるゲッベルスの姿は良くも悪くも人間的で、ユダヤ人虐殺などを引き起こした一員であるということと...

    全文表示
  • 3

    H.Sato2009年7月19日

    宣伝それ自体にはなんら特別な原則的な方法はない。
    それにはただ目的があるだけだ。それは大衆の獲得。この目的に役立つならどんな手段でもよいのだ。ゲッベルスが現代社会にいたら、相当な広告宣伝マンとなっていただろう。

  • 4

    書籔徘徊師2009年6月23日

    ナチズム、ヒトラーといえば平井正氏である。
    本書はゲッペルスの日記を多数引用し、その青春時代の彷徨から最期までを丹念にたどっている。
    オススメ度★★★★☆

    画像は以下を参照
    http://lh3.ggpht....

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
ゲッベルス メディア時代の政治宣伝
提供
開始日
2013年
11月26日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
中公新書
出版社 中央公論新社
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる