女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

「福音書」解読 「復活」物語の言語学

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

「福音書」解読 「復活」物語の言語学

著作:溝田悟士

価格: 1,450円+税116円

3.002

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

イエスの逮捕時に逃亡した若者。墓でイエスの復活を告げる若者。同一人物なのか? そして、その「若者」の正体とは? 最古のマルコ福音書と、マタイ、ルカ福音書との記述の違いを手がかりに、福音書の構造を鮮やかに解き明かす一冊。(講談社選書メチエ)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.00(2件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    cu45002014年12月3日

    言語学の方法論を使ってマルコ福音書(+マタイとルカも少々)を読み解いた本です。
    田川建三さん(まえがきや註でその方法論が批判されている)あたりが読んだらボロクソにけなしそうな方法ですが(笑)、それなりに面白いと思います。

    全文表示
  • 3

    c030117b2013年11月25日

    ・コリント第一15:3の最初は、「最も大切なこととして」と新共同は訳している。
    ・イエスに復活後あった、ひたりの人、天使、若者、といった共感福音書の違いを最初に指摘したのは2世紀のプラトン主義者ケルソス。
    ●マルコ14:51-5...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
「福音書」解読 「復活」物語の言語学
提供
開始日
2013年
11月22日
ファイル
容量
約6MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社選書メチエ
出版社 講談社
カテゴリー 専門書
ジャンル 人文、思想
  • 異世界・転生フェア
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる