女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

若者殺しの時代

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

若者殺しの時代

著作:堀井憲一郎

価格: 600円+税48円

3.5058

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

ずんずん調査のホリイ博士が80年代と対峙。クリスマス・ファシズムの勃興、回転ベッドの衰退、浮遊する月9ドラマ、宮崎勤事件、バブル絶頂期の「一杯のかけそば」騒動……あの時なにが葬られたのか? (講談社現代新書)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.50(58件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    reinou2017年1月6日

    2006年刊行。若者(10〜20代)をメインターゲットにした販促が亢進したのが1980年代にあるとみて、当時の実相をクリスマス戦線、テレビドラマ、サブカル、ディズニーランド等から解読し、現代と将来を素描する。世相分析としては違和感はないが、...

    全文表示
  • 3

    kenshinakagawa2015年12月23日

    クリスマス、バレンタイン、TDLと1980年代から2000年代にかけて若者から金を採取する文化が根付いたしまったとのこと。どのように根付いていったかの考察は面白いが、今後の進むべき道の提言が”逃げろ”ではちょっと・・・

  • 4

    takohiroko2014年10月3日

    物騒なタイトルだけど、1980~90年代の日本の社会風俗史をクリスマスやトレンディドラマ等のユニークな視点と文体で纏めてておもしろおかしい。
    それぞれの時代で“若者”がどう扱われてきたかを分析し、「若者であるこ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
若者殺しの時代
提供
開始日
2013年
11月22日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社現代新書
出版社 講談社
カテゴリー 専門書
ジャンル 社会、政治
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる