女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

密やかな結晶

著作:小川洋子

価格: 550円+税44円

4.10176

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

『妊娠カレンダー』の芥川賞作家が澄明に描く人間の哀しみ。記憶狩りによって消滅が静かにすすむ島の生活。人は何をなくしたのかさえ思い出せない。何かをなくした小説ばかり書いているわたしも、言葉を、自分自身を確実に失っていった。有機物であることの人間の哀しみを澄んだまなざしで見つめ、現代の消滅、空無への願望を、美しく危険な情況の中で描く傑作長編。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.10(176件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    アリョーシャ2017年4月7日

    小川洋子は、映画で「博士の愛した数式」を観たくらいだった。視覚的なイメージが鮮烈な作家だという印象を受けた。ある箇所では、イメージの中で光があふれ出して本文が見えなくなったくらいだから。イメージを喚起するようなことばを、まるでオブジェのよう...

    全文表示
  • 0

    nyan06202017年1月27日

    私、こういう話、こわくて苦手です。
    魂にざらっとくるこわさです。
    ゲシュタボを思わせる秘密警察もこわいけど、次々と何かが消滅していく−何かの持つ味わいが消滅していく世界やそれを受け入れて流れていく日常とか、どうしても...

    全文表示
  • 4

    yutuki2017年1月16日

    モノの記憶が日々無くなっていく現象が起き、ゲシュタポのような「記憶警察」が管理する不思議な島を舞台に、小説家の主人公「わたし」と懇意の仲の「おじいさん」、そしてふたりが、担当編集者で記憶を失わないでいる「R氏」を匿うことをきっかけにして、3...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
密やかな結晶
提供
開始日
2013年
11月22日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる