女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

ドン・キホーテの「論争」

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

ドン・キホーテの「論争」

著作:笙野頼子

価格: 1,550円+税124円

4.006

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

マスコミVS「純文学」。最前衛の文学的レジスタンス、それは極私的言語の戦闘的保持! 「私はピエロじゃない。私はドン・キホーテ。」はじめに──純文学作家はなぜ怒ったのか

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(6件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    橙子2015年6月29日

    純文学をよく知らない癖に馬鹿にし、否定する者たちに闘いを挑んだ記録。
    今でも純文学というジャンルが残っているのは、著者のおかげかも、と思う。

    闘った相手について、
    「例えば彼らに特徴的なのは知識の欠落したままする実...

    全文表示
  • 0

    花鳥風月2011年6月11日

    笙野さんは、一体何と戦っているのだろうか?ということを読んで考えた。
    いつも何かと戦っている感じを受けるのだが、戦う自分のことをけっこう客観視しているような高い批評性(とでも言うのか?)が文章から感じられる。
    これは評論を集めた...

    全文表示
  • 5

    シロタ2009年10月10日

    カギカッコつきの「論争」になってるのは、実質のところ純文学を文学的にとか政治的にとか定義を噛み合わせて論じ合う論争にはまるで至っていないから。
    文学評論家でもなんでもない某新聞記者が記名記事で、ほとんど気分で“「純文学」っ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
ドン・キホーテの「論争」
提供
開始日
2013年
11月22日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる