女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

環太平洋戦争5 南沙の鳴動

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

環太平洋戦争5 南沙の鳴動

著作:大石英司

価格: 600円+税48円

5.001

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

アジアでもっとも富裕な産油国ブルネイで奇妙なクーデターが勃発。民主化を訴える王女がムスリム勢力やグルカ兵を実行部隊にして王政を転覆したのだ。国連は直ちに現状回復を決議、自衛隊を平和創設軍(PMF)として派兵する。歪んだ王政に正義はないが、放置すればテロリズムの温床と化すのは明白だった。だがグルカ兵の巧妙なゲリラ戦術に自衛隊の犠牲が続出、事態は泥沼の様相を。燃え盛るアジアの戦火。背後で暗躍するCIA。地域安全保障の代償に苦悩する常任理事国日本の選択シミュレーション。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 5.00(1件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    越後屋ポン太2005年10月27日

    ブルネイ王国でクーデターが発生。イスラム革命と見られていたこのクーデターが実は民主革命だと言う事が判明する。しかし政治的判断から王政復活がベストと判断し、クーデター鎮圧に向かう自衛隊。膨大な犠牲を払いつつ任務を果たそうとするが…。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
環太平洋戦争5 南沙の鳴動
提供
開始日
2013年
11月22日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
C★NOVELS
出版社 中央公論新社
カテゴリー 文芸
ジャンル 評論
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる