お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

この国を出よ

著作:大前研一柳井正

価格: 490円+税39円

343円+税27円

3.7011

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

この国を出よ!

中国がGDPで日本を抜き、韓国ではサムスンやLG電子が業績を伸ばす一方で、我が国は立ち往生している。
大前研一氏と、同氏と交流のある柳井正氏の2人は、そんな日本に警鐘を鳴らし、世界に飛び出す必要性を説いている。実際にユニクロでは、世界戦略を進め、上海やパリなど世界各都市に旗艦店を出店して成功を収めている。

2大論客による警世憂国対論集。

●主な内容
もう黙っていられない――柳井
絶望的状況なのに能天気な日本人――柳井
「失われた20年」に国民の財産300兆円が失われた――大前
今の日本は「ミッドウェー後」とそっくり――大前
“ジャパン・パッシング”が本格化している――大前
「成功者に厳しい税制」が国力を削ぐ――柳井
フリースもヒートテックも「顧客の創造」だった――柳井
GEやサムスンは人材育成に1000億円かける――大前
「政治家育成」「一院制」「官僚リストラ」の三大改革――大前
ほか

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.70(11件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    yoshinar2015年6月14日

    著名な経済評論家の大前さんと、ユニクロを育ててきた柳井さんが往復書簡のような感じで「今の日本はダメだ。もっと世界に目を向けないと」と訴えている本。こういう本ってやっぱり面白い。正直なところ、お二人にはそれほど好感をもっていなかったんだけど(...

    全文表示
  • 0

    etooo1882014年12月16日

    ここに書かれている「若者」にまさしく該当する為、身につつまされる思いだった。

    今の安心感に根拠がないことが分かりつつも、それに安住してしまう性をどう克服していくか。

    長期的に希望を持ちつつも、短期的に危機感を持っ...

    全文表示
  • 0

    kenhase2102014年11月25日

    この類の本を読むといつも危機感を感じ、みがひき思いである。今の自分には圧倒的にリーダーシップ経験が足りないと感じる。このレベルのビジネスマンたちはやはり英語は目的でなく手段に過ぎないということを理解しており、また話せることが当然であるとの前...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
この国を出よ
提供
開始日
2013年
11月27日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 小学館
カテゴリー ビジネス
ジャンル ビジネス、経済
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)
  • 新刊配信記念 人気著者作品試し読み増量キャンペーン!!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる