ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

三浦綾子 電子全集 続 氷点(下)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

三浦綾子 電子全集 続 氷点(下)

著作:三浦綾子

価格: 500円+税40円

4.2019

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

血の中を流れる罪を「ゆるす」といってくれる権威あるものをつかんだ陽子。感動の結末!

北海道大学に進学した陽子は、徹の友人・北原や札幌で知り合った順子らと、一見穏やかな日々を過ごすが、不義の子であるという自らの「罪」に悩み苦しむ。そんな陽子の前に、実の弟である達哉が現れる。達哉は異父姉とも知らずに、以後、陽子に近づき、母の秘密をかぎ出していく。そしてついに陽子が実母と顔を合わせる日がやってくる……。

1971年(昭和46年)にテレビドラマ化され話題を呼んだ。

「三浦綾子電子全集」付録として、夫・三浦光世氏による「創作秘話」などを収録!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 4.20(19件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    adventurelife852017年1月11日

    罪をゆるす、がテーマなんだけども。お互いにだいぶやっちまった感のあるドロッドロな人間関係をおおむね笑顔で続けていけている時点で、登場人物のみなさんはその域じゃないよなぁ。とずっと思いながら読んでた。哲学的でおもしろかった。

  • 3

    imachi82016年7月18日

    ゆるすことは難しい、しかしゆるすことにのみ罪を犯した者は救われる。

    物語は、誰も幸せにならずに終わった…

  • 4

    tocon2015年12月5日

    なぜなのだろうと疑問を持ち、自分なりの答えを導き出せる人と、その場の感情でのみ動いてしまう人とでは、長い人生を終える時に大きな差になっていくのだろう。常に相手に過失を見出してしまう習性の人は、その思いに囚われ、冷静に自分を見ることができなく...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
三浦綾子 電子全集 続 氷点(下)
提供
開始日
2013年
11月27日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
三浦綾子 電子全集
出版社 小学館
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)
  • 小学館文庫 20周年キャンペーン(書籍)
  • 恋愛・結婚!幸せ成就特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる