ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

口中医桂助事件帖5 すみれ便り

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

口中医桂助事件帖5 すみれ便り

著作:和田はつ子

価格: 570円+税45円

3.503

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

女性の死体にはすみれの花の汁が付いていた。

永久歯が生えてこないという娘おてるを診ることになった桂助。彼女は桂助とともに長崎で学んだ斎藤久善の患者で、その見たては間違いなかった。斎藤のところには患者が多数詰めかけ、〈いしゃ・は・くち〉は閑散としていた。そこに、同心の友田からの依頼で、桂助は傷のない女性の死体を診ることになった。すみれの花の汁が付いていたことを見つけ、その真相に迫っていくのだが……。新たに入れ歯師が仲間に加わることになる、大人気シリーズ第5弾。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.50(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    junco04242013年2月3日

    結構性能のいい木製の入れ歯が、江戸時代にあったことは、講義で聞いたことあったけど、こんなに庶民まで行き届いた治療だったとは。
    しかも、入れ歯師っていうのが、歯医者と別にあったなんて。
    物のないところで、合った入れ歯を作るなんて、...

    全文表示
  • 4

    アルゴン2012年4月28日

    江戸時代から入れ歯はあったのか。知らなかった。中3編は入れ歯師の話で非常に興味深かったです。そのあたりに力を入れすぎて「五臓花」の事件がだいぶ雑だったような気はしますがまあご愛嬌ということで。

  • 0

    雪月ソウ2011年11月13日

    口中医がいるならば、入れ歯師もいるんですね。
    今の技術にはもちろん及びませんが、当時としてはそれが素晴らしいものであったに違いありません。
    その入れ歯師を巡ってとうとう岩田屋の過去とそれを消そうとした悪もつかみましたが、それは多...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
口中医桂助事件帖5 すみれ便り
提供
開始日
2013年
11月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
小学館文庫
出版社 小学館
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • 対象約400点!西東社大型割引キャンペーン!(書籍)
  • デジイチ2017 第1弾(書籍)
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる