女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

黄金旅風

著作:飯嶋和一

価格: 750円+税60円

3.7046

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

歴史小説の巨人・飯嶋和一が描いた、一級の娯楽巨編。

江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、後に史上最大の朱印船貿易家と呼ばれた末次平左衛門と、その親友、内町火消組惣頭・平尾才介だった。代官であった平左衛門の父・末次平蔵の死をきっかけに、新たな内外の脅威が長崎を襲い始める。そのとき、卓越した政治感覚と強靱な正義感を持つかつての「大馬鹿者」二人が立ち上がった。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.70(46件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    dai-42016年1月12日

    読み応えがあり過ぎでした。久しぶりにこんなに読了時間がかかった(苦笑)飯嶋和一初体験だったけど、情報量が半端ないす。大きなテーマは鎖国開始に翻弄される、日本の窓口たる長崎人。改行も少なめ、会話分も殆どなく紡がれる物語は、下手するとお腹いっぱ...

    全文表示
  • 2

    ひでにーろ2015年6月27日

    2005年本屋大賞8位

    寛永5年。鎖国直前の長崎を背景に朱印船貿易の利権を争う数年間を描いた歴史ドラマ…
    と一口に言えないほどは、たくさんの話が混在している。
    オランダ東インド会社高山国(台湾)長官と...

    全文表示
  • 4 ネタバレ

    おいどんの古今東西2015年6月20日

    竹中重義の陰謀から長崎を守った末次平左衛門の話。ルーツの中に隠れキリシタンの家系もいるので興味深く読んだ。ページ数が多くて読むのに1か月以上かかった。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
黄金旅風
提供
開始日
2013年
11月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
小学館文庫
出版社 小学館
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる