ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)

価格: 500円+税40円

3.804

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

大相撲八百長追及30年間の取材記録

八百長問題の発覚で、大相撲が65年ぶりとなり本場所の開催中止に追い込まれた。日本相撲協会の放駒理事長は「天地がひっくり返った感じ」と述べ、新聞やテレビは「協会はすべての膿を出せ」と大騒ぎしている。
 しかし、大相撲の八百長は、今初めて判明したわけではない。
『週刊ポスト』は1980年の「角界浄化キャンペーン」を皮切りに、数々の実名証言と物証を誌面で提示し、厳しく追及してきた。「元十両・四季の花の告白」(80年)、「元・大鳴戸親方の爆弾手記と怪死事件」(96年)、「曙の付き人・高見旺の証言」(97年)ほか、『週刊ポスト』が30年間にわたって総力追及してきた国技の最大タブー「八百長」の歴史と実態を詳らかにする。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.80(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    gipsy03062015年1月18日

    かねてから相撲の八百長問題について言及してきた『週刊ポスト』が、改めて八百長問題についての30年間の取り組みを記述した一冊。

    2011年なので弱冠古く、丁度角界が激震に見舞われる直前だったものの、八百長に限らず腐敗してる状況を...

    全文表示
  • 3

    igechan222013年12月1日

    大相撲の八百長問題を報道してきた週刊ポストの経緯を纏めた本。この本の内容が真実であれば、相撲協会の内部の腐敗は根深いものだし、自浄は望めないと思った。

  • 4

    chiyo612011年6月9日

    読み物としてすごく面白い。
    心臓の弱い人はもう力士を直視できなくなります。
    真偽のほどはともかく、相撲ファンならこの命がけの告発をきちんと知るべきでしょう。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた(小学館101新書)
提供
開始日
2013年
11月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
小学館101新書
出版社 小学館
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル 実用、スポーツ、ホビー
  • 9月グラビアセール(書籍)
  • 電本フェス 幻冬舎の電子書籍3000冊超が一挙40%以上OFF!(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる