女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

沢彦(下)

著作:火坂雅志

価格: 650円+税52円

3.003

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

「沢彦宗恩(たくげんそうおん)について、記録上、わかっていることはさほど多くない。信長の少年期の学問の師であり、その名づけ親であったこと。信長に『天下布武』の印を授け、天下統一の思想を与えたこと。沢彦を描くことは、知られざる信長の素顔を描くことでもあった」(著者あとがきより)
武田信玄が斃れ、天下統一が目前になるにつれ、覇王と化した信長は「天下人」のあるべき姿を説く沢彦を疎んじるようになる。比叡山焼き討ちで亀裂は決定的なものとなり、沢彦は正義と信念を貫くため、信長の師として、最後の務めを果たす決心をする。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

沢彦(上)          

沢彦(上)

         
           

レビュー・感想

総合 3.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    takeshisuzuki2013年4月5日

    沢彦(下)

    上巻に続いて、最後まで二人三脚、

    かと思いきや、すごい展開が待っていました。
    (途中で先が読めたという話もありますが・・・)


    残念であったのは、光秀君と家康君の描かれ方。<...

    全文表示
  • 2

    Shimada2011年7月6日

    描かれた沢彦像に魅力が乏しい。よくある歴史小説の歴史に沢彦を押し込んだ感じ。作品を彩るべき挿話は唐突。沢彦を軸とする構想、その目のつけどころは好き。

  • 3

    痛快王2011年6月19日

    加藤廣の「信長の棺」が太田牛一の信長で表とすると、この沢彦は裏から見た歴史といえる。勝手ですが、この2冊を信長表裏一体と表現したい。信長の棺で足りない部分が、この沢彦で補われる点がすごくおもしろい。
    沢彦を知る人は岐阜の名付け親という...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
沢彦(下)
提供
開始日
2013年
11月20日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
小学館文庫
出版社 小学館
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる