ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

逆説の日本史13 近世展開編/江戸文化と鎖国の謎

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

逆説の日本史13 近世展開編/江戸文化と鎖国の謎

著作:井沢元彦

価格: 650円+税52円

3.5014

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

徳川家康が恐れた「大奥のキリシタン」!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

若き日の徳川家康を苦しめた浄土真宗信徒らによる「一向一揆」。家康は約30万人に膨れ上がり勢力を増すキリシタンに「一向一揆」化の悪夢を見た。
折しも江戸城大奥では女中・おたあジュリアを中心にキリシタンが増加し、家康の悪夢は現実のものとなりつつあった。
「伴天連追放令」から鎖国へと展開される徳川幕府の外交政策の裏面史を抉るとともに、徳川家康が「戦国日本」をいかにリストラし、「徳川三〇〇年」の礎をいかに築いたかを解明する!
目次
第1章 鎖国とキリシタン禁制編
第2章 大名改易と浪人対策編
第3章 茶の湯の変質編
第4章 演劇の変質編
第5章 儒学の日本的変容編
第6章 古兵と遅れてきた青年たち編
年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.50(14件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    pironas2015年7月8日

    鎖国という言葉が初めて使われたのは1800年に入ってから、それも外国人が使った言葉を訳したものが後に定着したというのがおどろき。家康さんはキリスト教を追い出したかっただけで、けっして鎖国したかったわけではなかったらしい。
    現象に名前を...

    全文表示
  • 3

    コジコジ2014年5月20日

    流し読み。戦国時代から江戸時代初期までの変容を、主に文化的側面から解明している。筆者の知見の広さにはいつもながら驚かされるが、戦国時代編と比べると若干退屈な内容か。

    第1章 徳川幕府の展開1
    第2章 徳川幕府の展開2

    全文表示
  • 3

    kazubook216132013年6月8日

    何となく、文化を中心においた巻は、少し弱いきがする。

    非武装中立論の危うさを聞かされるのも、もうお腹いっぱいという感じ。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
逆説の日本史13 近世展開編/江戸文化と鎖国の謎
提供
開始日
2013年
11月20日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 小学館
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)
  • 2017年ノーベル文学賞受賞 カズオ・イシグロ特集(書籍)
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる