お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

言壺

著作:神林長平

価格: 630円+税50円

4.0021

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

『私を生んだのは姉だった』小説家の解良(けら)は、万能著述支援用マシン“ワーカム”から、言語空間を揺るがす文章の支援を拒否される。友人の古屋は、解良の文章が世界を崩壊させる危険性を指摘するが・・・・・「綺文」ほか、地上800階の階層社会で太古の“小説”を夢見る家族の物語「没文」、個人が所有するポットで言葉を育てる世界を描いた「栽培文」など9篇の連作集にして、神林言語SFの極北。第16回日本SF大賞受賞作

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(21件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4 ネタバレ

    peroperosarenai2016年8月13日

    落ち着いたラノベみたいな感じの台詞が行き交う。台詞は正直余り上手じゃないと思う。
    しかし、題材がすごい。短編小説って大体長編にはできない物語の残滓みたいなのを無理矢理昇華させてる気がするけど、これは短編小説にはもったいないくらいの密度...

    全文表示
  • 0

    ゆらゆら2015年3月5日

    言葉は自走する

    この一言にやられました。
    短編集なのでサクッと読めますが、読んでる内に言葉という兵器に弄ばれちゃってるんですよねえ…

    淡々とした文だから余計にじわじわくるといいますか。神林さん...

    全文表示
  • 3

    hakuhatu2015年1月12日

    ワーカムという叙述支援機能を持つ文書作成端末をめぐる短編集である。
    現実の虚構である言葉が現実を構成する様を描く。
    人間は外界を感じる諸器官と脳を根幹とする神経系で現実を感じ認識し構築するのである。言葉はそれを外界に戻すとともに...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
言壺
提供
開始日
2013年
11月15日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
ハヤカワ文庫JA
出版社 早川書房
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本SF、ファンタジー
  • フラウス写真集 400作品以上ラストサマーSALE(書籍)
  • 要点が集約されてわかりやすいビジネス書特集(書籍)
  • 新刊1冊目お試し読みフェア!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる