ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

百億の昼と千億の夜

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

百億の昼と千億の夜

著作:光瀬龍

価格: 619円+税49円

3.5038

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

西方の辺境の村にて「アトランティス王国滅亡の原因はこの世の外にある」と知らされた哲学者プラトンは、いまだ一度も感じたことのなかった不思議な緊張と不安を覚えた……プラトン、悉達多、ナザレのイエス、そして阿修羅王は、世界が創世から滅亡へと向かう、万物の流転と悠久の時の流れの中でいかなる役割を果たしたのか?――壮大な時空間を舞台に、この宇宙を統べる「神」を追い求めた日本SFの金字塔。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.50(38件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2

    ヒューイチ2016年9月14日

    プラトンはアトランティス滅亡の謎を解く為に西へと旅をします。

    シッダールタは四人の婆羅門僧に導かれ妻と子と国を見捨て遥か彼方の世界へ旅立ちます。

    そんなシッダールタに戦に明け暮れる阿修羅王が出逢います。
    <...

    全文表示
  • 0

    paposhobo2015年10月27日

    宗教は、それ自体を目的とした純粋に自律する存在となりえるだろうか。救いを求めて宗教にすがるならばそれは手段にすぎないのであって、本作に描かれる宗教と本質的には同じではないか。両者の差は単に、個人の救いのためか、全体の救いのためかという点だけ...

    全文表示
  • 3

    mtsrs2015年6月20日

    手塚治虫を彷彿とさせる大風呂敷な世界観は1973年という時代にも影響されているのだろうか。プラトンやキリストがなんぼのものだといった扱い方にアジアの自信を感じる。
    物語は壮大な宇宙の創造主としての何らかの別世界的な知性の存在についての...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
百億の昼と千億の夜
提供
開始日
2013年
11月15日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
ハヤカワ文庫JA
出版社 早川書房
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本SF、ファンタジー
  • 新刊配信記念 人気著者作品試し読み増量キャンペーン!!(書籍)
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる