ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

遠い山なみの光

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

遠い山なみの光

価格: 571円+税45円

3.3059

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

イギリスに暮らす悦子は、娘を自殺で失った。喪失感に苛まれる中、戦後混乱期の長崎で微かな希望を胸に懸命に生きぬいた若き日々を振り返る。新たな人生を求め、犠牲にしたものに想いを馳せる。『女たちの遠い夏』改題。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(59件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    sissy502016年10月5日

    カズオ・イシグロの作品は好きだけど、これは難しかった。
    読後、祖母と話すなかで戦中戦後を生き抜いてきた世代が読むのと、戦後、それも平成に生まれ育った世代が読むのとでは受け取りかたも随分違うのだなぁと思いました。
    『浮世の画家』も...

    全文表示
  • 0

    kaji242016年8月1日

    戦後(原爆投下後)の長崎を描いた作品。物語はその中で生きていた女性たちを描く。陰惨な戦後状況は綴られていないものの、当時の重苦しい空気を根底に置いているように見受けられる。作者は広島生まれ、幼いころに(被爆を体験することなく)イギリスへ渡っ...

    全文表示
  • 3

    ピッピ2016年4月10日

    若い頃と年齢を経てからの物の見方は違ってきます。一人の中年になった女性が戦後間もなく、長崎で出会ったある子持ちの女性との付き合いをふと思い出します。現在、イギリスの片田舎で暮らしている彼女は、ロンドンから訪ねてきた娘を前に、もう一人の不幸な...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
遠い山なみの光
提供
開始日
2013年
11月15日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
ハヤカワepi文庫
出版社 早川書房
カテゴリー 文芸
ジャンル 海外文学
  • 海外SFフェア(書籍)
  • 2017 冬もぴっかぴか小デジ!感謝祭(書籍)
  • デジイチ2017 第6弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる