ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

価格: 1,048円+税83円

3.3030

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

ある日、カナダの銀行に強盗がやってきて、人々から“もっとも思い入れのあるもの”を奪っていった。「私は、あなたがたの魂の51%を手に、ここを立ち去ってゆきます。そのせいであなたがたの人生には、一風おかしな、不可思議なできごとが起こることになるでしょう」その言葉どおり、被害者たちに奇妙なことが起こりはじめる。身長が日に日に縮んでしまったり、心臓が爆弾になってしまったり。母親が98人に分裂した男性もいれば、夫が雪だるまに変身した女性も……。なぜこんなことが起きるのか? 奇才が描く不思議な比喩の世界!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(30件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    lapineige2016年9月17日

    不条理童話。
    荒唐無稽なお話がさくさくと進んでいく感じは童話的だけど、ところどころグロテスク暗喩があるので子供向きではない。

    銀行で出逢った気障な強盗に魂の半分を盗まれた13人の被害者たち。
    被害者たちが差し出した...

    全文表示
  • 4

    ブックカバーを探す人2016年9月5日

    物語は、喩え話を使いながら、強い著者の思いを伝えるためだけに徹頭徹尾計算的に用意されていた。
    うまくメッセージを受け取るため必要な要素を見つけることができた時(それが奇妙な喩えだったが故に)
    読了前と比べて自分が いかに曖昧にぞ...

    全文表示
  • 0

    二三歩2015年12月24日

    先に読んだ「12人の蒐集家/ティーショップ」の巻末に広告があり、興味を覚えて手にしてみた一冊。
    たまたま銀行に居合わせた妻ステイシーが強盗に遭ってしまった。ところが強盗はお金ではなく、客や行員が一番大切にしている物を請求してくる。

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件
提供
開始日
2013年
11月8日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 東京創元社
カテゴリー 文芸
ジャンル 評論
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる