女子コミ!

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

迎え火の山

著作:熊谷達也

価格: 700円+税56円

3.608

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

生と死の臨界に迫る傑作伝奇ミステリー。旧盆の十三夜、出羽三山の霊峰月山(がっさん)の頂から麓に連なる迎え火。即身仏(ミイラ)取材で帰省した工藤の友人正志は、古来の採燈祭(さいとうさい)復活に奔走していた。だが工藤の父親に続き、正志も闇の中で襲撃される。もう1人の同級生由香は工藤に、鬼から村を守ってきた一族だと明かし、「祭を止めて。ソ乱鬼(そらんき)が降りてくる」と告げた。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.60(8件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    アトレーユ2014年10月11日

    この人の作品はどれも熱い。
    日本の原風景という言葉の似合う作品が多い。
    今回は少し、高橋克彦テイストだが。

    改めて、古代の呪術がなぜ、ここまで生活とつながっていたのか、腑に落ちる思いだ。

    好みもあるだ...

    全文表示
  • 0

    はらぺこ2013年9月6日

    多分ホラーやと思うけど全く怖くない。読者を怖がらせる事に重点を置いてないのかも知れん。舞台設定とかは『屍鬼』みたいで好きやねんけどなぁ・・・。ある人達の計画はストレートでも問題無かった気がする、せやから、わざわざ遠回りしてページ数稼ぎをして...

    全文表示
  • 4

    atsushi06062012年5月7日

    フィリピン出張のお供に持っていきました。僕にとっては「邂逅の森」以来の熊谷作品。これは全くジャンルが違うのですが、邂逅〜と同じく、ストーリテリングのうまさ、読ませる技術が凝縮された作品でした。さすが直木賞作家。もっと売れてもいいと思うんです...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
迎え火の山
提供
開始日
2013年
11月8日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる