女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

死者の声なき声 上

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

死者の声なき声 上

価格: 905円+税72円

3.805

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

映画が喋りはじめた1930年のベルリンで、将来を嘱望されていた女優が撮影中に痛ましい死を遂げた。事故で片付けようとする上司に反発し、ベルリン警視庁殺人課のはみ出し者ラート警部は、またもや独自に動きだす。ひとりの刑事としての矜持ゆえ、さらには自らの栄達のため。繁栄をきわめる映画界の闇に切り込んでいくラート。ほかにもいくつも厄介な依頼が持ち込まれ、光と影が交錯する巨大都市を東奔西走することに……。ベルリン・ミステリ賞受賞の傑作警察小説。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

死者の声なき声 下          

死者の声なき声 下

         
           

レビュー・感想

総合 3.80(5件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    fattycatlover2015年12月24日

    ゲレオン・ラート警部シリーズ第二作。

    相変わらずラート警部は
    やくざの下っ端感が抜けない。

    ルールを守らず、独りでつっぱしって捜査するというスタイルは、
    刑事ものではよく見られるが、
    それはベテ...

    全文表示
  • 3

    kumaneco2013年12月14日

    トーキー撮影中に落ちてきた照明に当たって女優が死んだ。
    事故なのか。それとも事件なのか?
    ラート警部はまたしても独自捜査に乗り出す。

    前作同様我が道を行くラート警部。
    上司に睨まれ、ライバルには罠に嵌められ&...

    全文表示
  • 5

    DJ Charlie2013年9月21日

    多少“訳あり”風で、少し孤独で、何か「大都会の漂泊者」という風情を漂わせながら、「はみ出し刑事」的な活躍を見せるゲレオン・ラート警部が活躍するシリーズの第二作!!

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
死者の声なき声 上
提供
開始日
2013年
11月1日
ファイル
容量
約5MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
創元推理文庫
出版社 東京創元社
カテゴリー 文芸
ジャンル 海外ミステリ、サスペンス
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる