女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

グイン・サーガ外伝22 ヒプノスの回廊

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

グイン・サーガ外伝22 ヒプノスの回廊

価格: 400円+税32円

3.2018

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

百巻達成一周年記念限定パンドラ・ボックスに収録された表題作、限定アニメDVDに収録された「前夜」、それぞれ『ハンドブック1・2・3』掲載の「悪魔大祭」「クリスタル・パレス殺人事件」「アレナ通り十番地の精霊」、そして、グイン・サーガ執筆の重要な契機となった「氷惑星の戦士」。作品集未収録作品全六篇を集成し、同シリーズの多様さを一望する、これが、オリジナル・グイン・サーガ最後の巻です。(※電子書籍版には口絵・挿絵が収録されておりません)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.20(18件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    xaymaca2015年3月28日

    グイン・サーガ外伝の22巻。『ヒプノスの回廊』である。
    もう、4年も前の2011年に出版されたこの本を今更ながら読み返す気になったのは、前回の書評にあるグイン正伝の『紅の凶星』を読んで、グイン・サーガという物語がよぉ〜やく終焉に向けて...

    全文表示
  • 3

    danner2013年12月14日

    「前夜」の予定調和。外に広がらず、中に閉じていく自動書記。
    題材のみならず、文体でも、「悪魔大祭」の重厚と「ナリス事件簿」の軽薄の落差の大きさ。
    ほんと、あるところで別人になったんだと実感する。
    別の作家さんがこの世界を語...

    全文表示
  • 0

    【静祐】2013年9月1日

    短編集だったのか〜。本編を読了したあとに読むと、黒竜戦役の前の平和なパロで子供らしく暮らしているリンダ・レムスや、若き日のナリス、ヴァレリウスのエピソードに懐かしさが募るというか寂しさを新たにするというか複雑な心境です。そっか〜、あのころか...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
グイン・サーガ外伝22 ヒプノスの回廊
提供
開始日
2013年
11月1日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
ハヤカワ文庫JA
出版社 早川書房
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる