ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

火星年代記〔新版〕

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

火星年代記〔新版〕

価格: 667円+税53円

4.1066

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

人類は火星へ火星へと寄せ波のように押し寄せ、やがて地球人の村ができ、町ができ、哀れな火星人たちは、その廃墟からしだいに姿を消していった……抒情と幻想の詩人が、オムニバス中・短篇によって紡ぎあげた、SF文学史上に燦然と輝く永遠の記念碑。新たな序文と二短篇を加えた〔新版〕を底本とする電子書籍版登場。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.10(66件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    るこ2016年12月30日

    SF。連作短編集。
    ブラッドベリのSFはどこか幻想的。
    全体的な印象として、序盤は面白く、中盤は退屈で、終盤はまた面白い。

    「地球の人々」での火星人とのコンタクトの結末は、とてもユニーク。
    「第三探検隊」も、...

    全文表示
  • 0

    風花2016年12月25日

    夫にとって理解しにくい地球のことが夫人の夢として出てくるのに、彼らの日常描写こそ読者には不思議で、二重になってると指摘されて、なるほど〜。その反面、構造のことでなるほどと思うと、綺麗だと思った水晶の描写がそうでもなく思えてちょっとかなしかっ...

    全文表示
  • 5 ネタバレ

    日曜読書家2016年12月2日

    物語は2030年1月からはじまる。あらましを序盤、中盤、終盤にわけるなら、序盤はおもに火星人の視点での叙述となる。地球人の訪問と火星人の抵抗。中盤から視点は地球人に移り、ついに彼らの入植が完了する。そして終盤はふたたび火星人の、かつては地球...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
火星年代記〔新版〕
提供
開始日
2013年
11月1日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
ハヤカワ文庫SF
出版社 早川書房
カテゴリー 文芸
ジャンル 海外SF、ファンタジー
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)
  • 小学館文庫 20周年キャンペーン(書籍)
  • 秋のグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる