ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

天明の密偵 小説・菅江真澄

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

天明の密偵 小説・菅江真澄

著作:中津文彦

価格: 676円+税54円

3.303

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

日本民俗学の先駆者として知られ、各地の風俗・民俗などを日記体で詳細に書き記し、200冊以上の書物を残した菅江真澄。三河・吉田宿の御師の次男に生まれ、国学者で藩の御用商人でもあった植田義方のもとで勉学に勤しんだ彼は、岡崎へ出て和歌を、名古屋では絵画と本草学を身につけた後、30歳で古里を後にして長い旅に出る。当時は、天明の大飢饉や浅間山の大噴火などの天変地異、賄賂にまみれ、幕府を意のままに動かす老中・田沼意次と松平定信ら譜代衆の対立、松前藩問題と北方ロシアの脅威など、幕藩体制が大きく揺らいだ激動の時代だった。そんな中、彼は何を求めて、信濃、出羽、陸奥、そして蝦夷地へと旅をしたのか――。彼を蝦夷地へと駆り立てたものは何だったのか――。本書は、立身出世を願うも叶わず、生涯を旅に生きざるをえなかった菅江真澄の虚実入り交じった人生をミステリーの手法で掘り起こしながら、彼の秘密に迫った傑作歴史小説である。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    hitoyan2016年5月3日

    文庫に付された帯やカバーには「傑作歴史小説」と書いている。解説に歴史ミステリーとあったのだが、どこがミステリーだったのか、どうもしっくりこなかった。
    読み終わったときに、少々すかされたように感じたのは、まず、ミステリーの件。
    そ...

    全文表示
  • 2

    乾 辰巳2015年6月5日

    田沼意次=賄賂政治。そんな史観で小説を書く人がまだいたとは。
    蝦夷地における陰謀となっていますが、ロシア対策のための北方調査と開国を目指したことはもっと評価されていいはず。
    主人公の白井秀雄は民俗学の先駆。意次対定信の政争に密偵...

    全文表示
  • 5

    DJ Charlie2013年7月1日

    “小説”としての面白さに、「意外に知らない江戸時代の北海道」が活写されている興味深さが加わっている。「瑞々しい若さを持っているでもない年代に差し掛かった白井秀雄が、“志”を模索して、文字どおり...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
天明の密偵 小説・菅江真澄
提供
開始日
2013年
11月1日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP文芸文庫
出版社 PHP研究所
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • フラウス写真集 400作品以上ラストサマーSALE(書籍)
  • オトコが求める素敵なドリームレーベル オトナ文庫フェア!(書籍)
  • 胸にストンと落ちる。自己啓発本50%offキャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる