女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

新史論/書き替えられた古代史1  「神と鬼のヤマト」誕生(小学館新書)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

新史論/書き替えられた古代史1  「神と鬼のヤマト」誕生(小学館新書)

著作:関裕二

価格: 500円+税40円

2.503

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

日本書紀は何を隠したか?新史論スタート!

日本人とは、天皇とはなにか?それを知るには古代に遡らなくてはならない。しかし、日本の古代史はなかなか解明されない。「それは、日本書紀がヤマト建国の詳細を熟知していながら、80%の真実に20%のウソをちりばめ、藤原氏に都合良く歴史を書き替えたからだ」と主張し、多くの古代史ファンから支持を得ている歴史作家・関裕二氏。関氏が考古学、民俗学の成果を取り込み、日本書紀による歴史改竄を取り除いて再構築した初の古代通史は驚きの連続だ。例えばこれまで大悪人とされてきた蘇我氏の業績を見直すだけで意外な事実が浮かび上がり、多くの謎が氷解し、従来の古代史観が根底から覆る。そして蘇った歴史は大河の流れのように読者の前に展開される。
それにしても、なぜ蘇我氏は自らを「われ蘇り」としたのだろう…。全古代史ファン必読、著者渾身の新史論がスタートする!
第1巻は、3世紀の奈良東部に多くの地方から倭人が集まって建設した巨大政治都市・纏向の意味するもの、そしてヤマトの建国、邪馬台国の滅亡、出雲の国譲りの真相等に迫る。
全ては鉄の支配を巡る戦いだった。

※【ご注意】この作品には図表が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 2.50(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    anagramshi2016年8月15日

    東国の役割に注目を当てて「ヤマト」の国の成り立ちを推理した本。
    王の位置付けや古墳の構造が、『逆説の日本史』などの視座と共通していて、続編でそこが詳しく書かれているはずなので読みたい。

  • 2

    阿木元美輝2015年12月13日

    古代史本としては、読みやすかった。ミステリ小説とは違う推理。なるほどと思うが、なぜか説得力に欠ける気がした。

  • 3

    junco04242015年11月27日

    日本の創世と八百万の神々と、それぞれの神話について、「神様の使用人」を読んで、興味を持ったんだけど、日本史でも地理でもなく、世界史を選択した理系の人間には、ちょっと難しすぎた。
    それに、根拠のある正解を好むので、結局著者がそう勝手に考...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
新史論/書き替えられた古代史1  「神と鬼のヤマト」誕生(小学館新書)
提供
開始日
2013年
10月18日
ファイル
容量
約13MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
小学館新書
出版社 小学館
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる