女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

原発事故と甲状腺がん

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

原発事故と甲状腺がん

著作:菅谷昭

価格: 429円+税34円

4.504

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

原発事故から27年経った今も、チェルノブイリの健康被害は終息していない。福島で同じ悲劇を起こさないためにできることは何か。チェルノブイリで医療支援活動に携わった医師による提言。2011年3月11日、福島第一原発事故が発生。政府や東京電力が繰り出す事故対策は後手にまわり、放射能災害の危機管理の甘さが露呈した。事故後2年が経ったいまも、その状況はほとんど変わっていない。チェルノブイリ原発事故の被災地で医療支援活動に携わった医師であり、現在は長野県松本市長を務める著者が、被曝による健康被害の実相を明らかにし、その具体策を果敢に提言する。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.50(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    fisher19612013年12月11日

    "難治性悪性反復性健忘症"にならないように、「産業・経済を優先する」道よりも、「命を優先する」道を日本は選択すべきである、という。まったく同感だ。チェルノブイリを5年以上の長きにわたり体験してきた方の意見...

    全文表示
  • 4

    勝沼 悠2013年11月12日

      チェルノブイリで医師として働いた菅谷昭松本市長が放射能への健康被害について語る。

     チェルノブイリでなぜ甲状腺ガンの子どもが増えたのか、しこりをどう受け止めるべきかなど、知りたかったことがズバリ書かれている。もう放射性ヨウ...

    全文表示
  • 0

    phnet2013年7月22日

    菅谷 昭 (著)
    チェルノブイリの健康被害は、原発事故から27年経った今も終息していない。福島で同じ悲劇を起こさないためにできることとは何か。チェルノブイリで医療支援活動に携わった医師による提言。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
原発事故と甲状腺がん
提供
開始日
2013年
10月15日
ファイル
容量
約10MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
幻冬舎ルネッサンス新書
出版社 幻冬舎ルネッサンス
カテゴリー 専門書
ジャンル 社会問題
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる