ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》

著作:橋本毅彦

価格: 900円+税72円

3.9014

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

フランスのオノレ・ブランという技術者による「互換性部品」に始まる近代の標準革命。アメリカでその技術は、困難を乗り越え、「アメリカ式製造方式」として確立された。さらにテイラーによる作業の標準化は、アメリカを製造業大国にする。公的機関が標準を決めるデジューレから市場での占有によるデファクトの時代へ。「標準」をキーワードに、製造の現場のドラマと国家、企業、市場の関係、そして背後に潜む思想を探ります。(講談社学術文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.90(14件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    コジコジ2017年1月18日

    産業技術史のなかで「標準化」「互換性」に焦点を当てたユニークな書籍。ネジの規格からインターネットの通信方式まで、様々な標準化と互換性の事例を挙げる。

    成熟経済では差別化と独自性が競争力の源泉だが、萌芽段階では如何に爆発的普及を...

    全文表示
  • 5

    totssan2015年3月26日

     非常におもしろい科学史としても楽しめた。エジソンVSテスラのDCACバトルや、もっと前のねじ規格の話、現在のビジネス視点からみた規格の世界の話。いずれも興味深く、身近な事実として把握できる。
     いまだSI単位系を使わない某国もあるが...

    全文表示
  • 4

    hrkngshm2014年11月21日

    工学系出身の私にはとても面白かったし,これからのモチベーションの向上にもつながった良い本でした.これを読むとなぜアメリカが世界一の工業国になったかが良く分かります.これからは,理論に基づいた標準化を日本が主導して行っていけるように,研究に励...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》
提供
開始日
2013年
9月27日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社学術文庫
出版社 講談社
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • オトコが求める素敵なドリームレーベル オトナ文庫フェア!(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)
  • 作って楽しい!食べておいしい!  「食」特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる