ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

クリスマスのフロスト

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

クリスマスのフロスト

価格: 838円+税67円

4.0070

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

クライヴは内心腐っていた。刑事に昇進したのも束の間、栄光のロンドンから七十マイル以上離れたこんな田舎町に配属になるとは。だが、悲嘆にくれている暇はない。じきにクリスマスだというのに、日曜学校からの帰途失踪した八歳の少女、銀行の正面玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物など、市には大小様々な難問が持ちあがる。いや。最大の難問は、不撓不屈の仕事中毒にして、死体と女の話をこよなく愛する、上司のフロスト警部であったかもしれない……。続発する難事件をまえに下品きわまる名物警部が奮闘する、風変わりなデビュー作!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(70件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    kemtarou2017年3月30日

    意表を突く出だしで始まり、事の経緯を知りたくなる。主人公フロスト警部の破天荒な性格、下品な語り口は事件の進行とともに馴染み深いものになり、バイタリティーには圧倒される。メインの少女消失事件を追う中で、次から次へと別の事件が起き、複数の伏線が...

    全文表示
  • 4

    choqueen2015年11月17日

    エビ茶色はエビフライみたいな色かな?
    フロスト警部素敵。シティーハンターみたい。あと大沢在昌先生のアルバイト探偵を思い出した。おすすめ。

  • 0 ネタバレ

    yuge-hokkaido2015年1月4日

    下品でだらしない警部フロストの下で働くことになった新人刑事クライブが女児行方不明に端を発する事件を捜査していく。
    自由奔放に仕事をして思ったことをそのまま口にしてしまうフロストだけどどこか憎めないキャラ。
    下品な会話のやりとりす...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
クリスマスのフロスト
提供
開始日
2013年
9月25日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
創元推理文庫
出版社 東京創元社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • 秋のグラビアセール(書籍)
  • デジタルピーチ人気グラビア10円SALE(書籍)
  • 恋愛・結婚!幸せ成就特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる