ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ2

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ2

著作:大崎梢

価格: 500円+税40円

3.3092

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

駅ビルの書店で働く杏子のもとに、かつての同僚・美保から一通の手紙が届いた。長野に戻り、地元の老舗書店に勤める彼女からの手紙には、勤務先の「まるう堂」こと宇津木堂書店に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機だということが書かれていた。ついては名探偵のアルバイト店員を連れて助けに来い、というのだ。気が進まぬながらも多絵を連れて、信州へ赴いた杏子だったが、そこで彼女たちを待ち構えていたのは、二十七年前に弟子の手によって殺されたという、老大作家の謎だった……!元書店員ならではの鋭くもあたたかい目線で描かれた、本格書店ミステリ。人気シリーズ番外編。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(92件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    あずき2017年2月4日

    題名にあるとおり、杏子と多絵の出張編。もちろん、面白かったけれども、何か物足りなかった。やっぱり、このシリーズは短編の方がいいなあ。

  • 0

    れお2016年5月11日

    駅ビル6階成風堂の書店員杏子のもとに元同僚有田美保から地元の老舗本屋「まるう堂」の幽霊騒ぎの謎をといてほしいと手紙がきて、バイトの多絵とともに信州へ。そこにでる幽霊は、27年前に作家嘉多山成治を殺害し2年後病死した書生の小松秋郎だというが&...

    全文表示
  • 3

    m-t2015年7月8日

    前作とは違って殺人事件です。
    登場人物たちや雰囲気は変わらずに
    書店という世界からちょっと飛び出した事件に
    探偵コンビは飛び込んでしまいます。

    自費で出かけた地方書店の事件。

    この設定でこの先ど...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ2
提供
開始日
2013年
9月27日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 東京創元社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)
  • デジイチ2017 第1弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる