女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

墓標なき墓場 高城高全集1

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

墓標なき墓場 高城高全集1

著作:高城高

価格: 400円+税32円

4.306

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

昭和33年、夏。北海道。未明の北の海に殿村水産所属の運搬船、天陵丸が沈んだ。乗組員6人は全員死亡。その朝、花咲港に入港した一隻のサンマ船が、岸壁に衝突した。海難事故と不審なサンマ船の衝突事故に疑問を抱いた不二新報釧路支局長江上武也は独自の取材を進めた。単なる事故か、それとも事件か……。だが、何者かの策謀によって江上は釧路を逐われる。それから3年。かつての関係者が次々と疑惑の死を遂げる釧路の街に、江上は帰ってきた――。日本ハードボイルドの黎明期を駆け抜けた幻の作家・高城高。霧にけぶる北の港町を舞台に描き上げた唯一の長編が、いまよみがえる!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.30(6件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    fujitatetsuya2014年1月24日

    和製ハードボイルド小説のパイオニアなんだそうで、知りませんでしたが、それもそのはず、1970年代に休筆してから2008年の最新作まで30年の休筆期間があったのだそう。

    舞台の北海道道東の描写が、とても味があります。推理小説の...

    全文表示
  • 4

    fujiko2013年5月23日

    高城高の数少ない長編小説。
    作者の年齢が高いため、小説の設定も登場人物も古い。
    当然のことながらインフラ面での状況が現代とはまったく隔絶しているが、それでいて情況描写には懐かしさを覚えるものがある。
    新聞記者として恵まれな...

    全文表示
  • 5

    となみとしょかん2012年12月23日

    S30年代に学生作家としてデビューしたものの、新聞記者の仕事が忙しくなり筆を絶った作家・高城高。その昭和の香りがにじみ出る作品が復刊されました。
    「元祖ハードボイルド」と云わんばかりのかっこ良さが文体からあふれています。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
墓標なき墓場 高城高全集1
提供
開始日
2013年
9月27日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 東京創元社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる