女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

ファミリーレストラン~「外食」の近現代史~

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

ファミリーレストラン~「外食」の近現代史~

著作:今柊二

価格: 730円+税58円

3.7016

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

日本で、「家族」という単位での「外食」が本格的に開始されたのは、明治以降だった。鉄道や海上交通が発達するにつれ、駅弁や駅前食堂、デパート食堂といったものもまた、発展していった。その後、戦時中の食糧難、戦後のアメリカ洋食の影響などを経て、ファミリーレストランの誕生へとつながっていく。前史、誕生、黄金期、変質、進化の歴史を、「日常食」研究の第一人者が綴る日本初の通史。楽しい食べ歩きコラム付き!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.70(16件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    nobmasatomi2016年3月13日

    「外食」という切り口で近現代史を見る

    ◆明治維新によって人々の動きに流動性が出た事により、外食が急速に発達18

    ◆1878年の内国勧業博覧会の売れ残りを陳列した「勧工場」が日本の百貨店の源流となった。38
    ...

    全文表示
  • 2

    mtanio2015年6月14日

    ファミリーレストランが今の形になるまでの流れが書かれてある。所々に書かれているコラムで色々なファミリーレストランの思い出や食事の感想が臨場感たっぷりに書かれていて面白い。もう少しビジネスモデルや原価構造のようなものにも触れられていると思って...

    全文表示
  • 4

    KOROTAM2014年4月28日

    ○エッセイストで、食関係のエッセイを得意とする今柊二氏の著作。
    ○ファミリーレストランの歴史を紐解きながら、どのように発展していったのか、 過去と現在のファミレスの違いなどについて、楽しく・美味しそうに考察したもの。
    ○ファミレ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
ファミリーレストラン~「外食」の近現代史~
提供
開始日
2013年
9月6日
ファイル
容量
約6MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
光文社新書
出版社 光文社
カテゴリー 専門書
ジャンル ビジネス、経済
  • 小学館新書祭り!!!(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる