ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

妄邪船 人工憑霊蠱猫

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

妄邪船 人工憑霊蠱猫

著作:化野燐

価格: 750円+税60円

3.506

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

あの魔書を追って、戦いの舞台は長崎へと遷り、新たな鬼神が姿を現す。白澤の使役者、白石優は、今も失われた研究室の仲間を思い、悲しみを抱えたままでいた。姿を消したままの夏海涼子のことも――。鬼神を操る魔書を巡る有鬼派との戦いは、刑部(おさかべ)を離れ、真夏の長崎へ舞台を移す。白石がたどりついたのは、西の果ての阿留賀島。夏海涼子の故郷でもあった。妖怪伝奇小説“長崎編”。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.50(6件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    クーコ2014年11月1日

    久々の白石君目線。

    白石君がウジウジしててちょっとイラっとしつつも、
    舞台が長崎になったりと新展開でした。

  • 4

    s7052014年6月2日

    久しぶりに白石君ベース。
    図書館燃えて帰ってきてからの彼の行動は、正直小夜子に従順くらいの印象しかなく、なに考えてたのかよくわからなかったので、この時期に視点キャラになってくれてよかったです。
    しかし…&helli...

    全文表示
  • 0

    tukattyan2011年12月3日

    海とは生を孕む母であるが、それとともに死を抱く父でもある。動物を生かし、同時に殺す。妖怪が発生することも十分考えられる。三途の川を渡るものは船である。海を渡るものは・・・?

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
妄邪船 人工憑霊蠱猫
提供
開始日
2013年
9月5日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる