女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

鬼弾 鹿王丸、翔ぶ

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

鬼弾 鹿王丸、翔ぶ

著作:岩井三四二

価格: 724円+税57円

3.703

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

戦国の争乱で荒廃した京の町に、近江の六角(ろっかく)氏が攻めこんだ。しかし鎮撫(ちんぶ)のため町中を見回る六角勢の馬上の武士が次々と鉄砲で撃ち落とされる。標的を無慈悲に倒していくのは一匹狼の凄腕鉄砲撃ち。困り果てた六角氏は甲賀者・伴与七郎に謎の暗殺者の始末を命じた。見えない敵を探す闘いの火ぶたが切られた。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.70(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    nur12022013年10月12日

    戦国時代の鉄砲撃ちを主人公にした時代小説。
    そもそも、当時の鉄砲って長距離の狙撃に向かないというか、そんなに弾丸の直進性がないわけで、無茶が多い話なんですが、そこら辺は知らない人にはばれないだろうっていうような物語のつくりかたでしたね...

    全文表示
  • 4

    biblilog2013年4月12日

    粗筋と表紙だけを見ると時代物ハードサスペンスという印象ですが、著者の持ち味のユーモア有りの展開。
    ただし解説にあるとおりスナイパー像が特異。ガチガチの緊迫感というものではないですが真綿で締め付けられるように窮地に追い込まれる主人公とい...

    全文表示
  • 4

    hisashin2013年2月13日

    義輝の戦国時代、三好勢と六角勢が睨み合う京の町を凄腕のスナイパーが跋扈する。対するは甲賀者。聞くと凄惨なサスペンスに思えるが、作風のとぼけた味が笑いも誘ってするする読める。戦国のゴルゴ13、あるいはジャッカルの日。風変わりだが面白かった。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
鬼弾 鹿王丸、翔ぶ
提供
開始日
2013年
9月5日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる