ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力 自衛隊はいかに立ち向かうか(小学館101新書)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

尖閣を獲りに来る中国海軍の実力 自衛隊はいかに立ち向かうか(小学館101新書)

著作:川村純彦

価格: 500円+税40円

3.303

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

東京都の尖閣購入を睨み中国軍が動き出す!

2012年、中国は尖閣諸島を「核心的利益」と言い出し、「(尖閣に)軍が施設を作れ!」と軍幹部が号令した。東京都の購入を睨み、実力行使の可能性が出てきたのだ。中国は潤沢な予算で空母やイージス、ステルス艦などの新鋭艦の開発、配備を進めている。日本は経済に次いで海軍力でも中国に凌駕されるのか?漁民を偽装して中国軍が出てきたら、領土問題ではアメリカも動きにくく、日本独自で対処せざるを得ない。そこで、かつてソ連の潜水艦をオホーツク海に封じ込めてきた元海将(少将)の著者が、日中の海軍力を徹底分析し、起こりうる海戦の様相と自衛隊の戦い方を明かす。「海軍力とは武器の数やカタログ性能ではなく、戦略と統合運用能力による。勝利のカギは海自の新型潜水艦が握ると思う」(著者)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    okadata2014年5月3日

    元海自の対潜哨戒機パイロットにして、統幕学校副校長の川村氏が中国海軍や海自の設備や実力を紹介し、最後に日中尖閣沖海戦のシミュレーションをしている。結果は海自の圧勝なのだが・・・

    中国の狙いは海底資源、漁業資源、シーレーン防衛と...

    全文表示
  • 4 ネタバレ

    チョコタン2013年2月2日

    中国海軍の増強が最近顕著になってきている。 この本でも示されているのは今現在は中国海軍より日本の海上自衛隊の方が勝っていることだろう。 しかし、数年後中国海軍がお金にものを言わせて空母群及び潜水艦を増強した場合・・・戦力が拮抗したときが一番...

    全文表示
  • 3

    桐たんす2012年9月16日

    新書はいつも三ヶ月くらい先のものまで、タイトルか著者で買ってる。
    これも、いつポチったのか分からないくらい前にamazonで買ったものである。


    ここ一ヶ月、尖閣諸島を巡っての話題に事欠かない。地権者への東京都への...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
尖閣を獲りに来る中国海軍の実力 自衛隊はいかに立ち向かうか(小学館101新書)
提供
開始日
2013年
8月30日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
小学館101新書
出版社 小学館
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル ノンフィクション
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)
  • 秋の夜長のヤマケイ読本セール(書籍)
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる