女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち

著作:丸山天寿

価格: 1,400円+税112円

4.003

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

紀元前3世紀、戦国時代末期の中国。秦軍が圧倒的な力で各国を侵略するなか、無敵の権力者・秦王政(始皇帝)の命を狙う少年がいた。その名は張順。滅亡した名国「韓」の宰相家の生まれ。民を救い導く宿命を負った順は、稀代の剣士・荊軻、故郷を奪われた少女・桃と出会い、志を一つにする。万に一つしか成功しないと言われる秦王暗殺に秘策などあるのか? 仕損じれば死――苛烈な戦いに彼らは挑んでいく!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    hitoshinakamura2016年5月25日

    秦によって滅亡した韓の少年張順.荊軻を探し出し始皇帝暗殺をもくろむ.暗殺が何故失敗に終わったのか説得力のある物語だ.始皇帝暗殺の話を読むときいつも思うのだが中原1の剣の達人とその当時すでに有名人であった荊軻が刺客になってなんでばれないんだろう?

  • 0

    【静祐】2015年3月8日

    琅邪シリーズの前日譚というべき、始皇帝を敵として追う狂生と桃の出会いまでのあれやこれや。琅邪シリーズより政治色歴史色が強いけど、やはり面白かったです。この後が気になるのに、まだ続きの話出てないんだよな〜。亜衣由留さまは燕の後どうしちゃったん...

    全文表示
  • 0 ネタバレ

    yuge-hokkaido2014年11月20日

    国を滅ぼされた家臣が敵である秦の王を暗殺しようとする話。
    前半はとても面白く読めたのに、後半からは違和感の連続でした。
    そして師匠の娘の正体にもなんだかガッカリで中途半端な印象。私が描写にのめり込めなかったためでしょうか。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち
提供
開始日
2013年
8月30日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる