女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

太平洋のレアアース泥が日本を救う

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

太平洋のレアアース泥が日本を救う

著作:加藤泰浩

価格: 648円+税51円

4.2011

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

ハイテク産業には欠かせないが中国が独占的に所有して問題となっているレアアース(希土類)――その巨大鉱床が太平洋の海底で発見された! 二〇一一年七月『ネイチャー・ジオサイエンス』誌で発表された「レアアース泥」は、なぜ「世紀の大発見」「21世紀の黄金」と世界で賞賛されたのか? レアアースの定義説明、産業用途、中国の巧妙な資源戦略、海底鉱床発見の経緯、将来の開発見通し……さらに日本の排他的経済水域に存在するレアアース泥についても情報公開。日本再生の最後の切り札は、南鳥島の周りに広がる“夢の泥”だ! 発表後、新聞、テレビ、インターネット等で話題沸騰! 冨山和彦氏推薦!! 「本書は海洋資源大国日本への正真正銘の大航海図である」。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.20(11件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    rosenkavalier2014年4月13日

    レアアースとは、ランタノイド15元素:ランタン、セリウム、プラセオジム、ネオジム、プロメチウム、サマリウム、ユウロピウム、ガドリニウム、テルビウム、ジスプロシウム、ホルミウム、エルビウム、ツリウム、イッテルビウム、ルテチウムの総称である。前...

    全文表示
  • 3

    gaigai10202013年11月17日

    中国が独占するように産出するレアアース。このレアアースを取り出すのに放射線が出るらしい。中国はそのまま野放し状態であるようだ。太平洋のレアアースは、泥の中に含まれ取り出すときに放射線の心配はないらしい。しかも16年間操業でき黒字が見込まれる...

    全文表示
  • 5

    yoshikem2013年4月17日

    ようやくの読了。日本が置かれている、レアアース資源を巡る背景を下地に、科学研究のお金が絡む実際のところなんかも語られている、ある種の科学伝記。特に科研費Sのヒアリング審査を巡る一節は、サイエンスの世界に身をおく人なら一読の価値ありに思えた。...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
太平洋のレアアース泥が日本を救う
提供
開始日
2013年
8月30日
ファイル
容量
約7MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル ビジネス、経済
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる