ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

ドバイの憂鬱 湾岸諸国経済の光と影

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

ドバイの憂鬱 湾岸諸国経済の光と影

著作:宮田律

価格: 602円+税48円

2.005

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

世界中の建設用クレーンの半分が集中しているといわれるほどの好況に沸いたドバイでは、不動産バブルがはじけ、経済は沈滞、労働者の解雇も進められた。「世界一」の規模だった数々の巨大プロジェクトは休止・延期を余儀なくされている。労働者が解雇されたり、外国人が流出したりすることで、購買力も低下している。世界同時不況のなか、経済も悪化しているのは、ほかの湾岸諸国も同じだ。しかし、将来を期待させる材料も多々ある。サウジアラビアでは人口増加による住宅不足が起きている。これは、内需に支えられているだけに、不動産・建設業界にとって魅力的だ。カタールは天然ガスの大輸出国となった。アブダビは、ドバイを反面教師として、安定した経済成長を目指している。ドバイも、すぐに景気が回復することはないものの、地域の中心としての地位は揺るがないものと思われる。現状から、湾岸経済の今後をうらなう。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 2.00(5件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    reinou2017年1月21日

    2009年刊行。著者は静岡県立大学国際関係学部准教授。2008年9月に発生したリーマンショックのため、急成長していた中東経済にブレーキがかかった。その実態、地域差、その後の模様と未来像を検証。急ブレーキが顕著なドバイ(UAE)、堅実なアブダ...

    全文表示
  • 0

    okazatronics2013年9月16日

    ドバイ行ってみたいと思っていたので読んだ。知っている状態でドバイに行くと印象も変わると思う。
    今はアブダビの方がアツイらしいけど。

  • 0

    H.Sato2012年10月7日

    ドバイでは政治的権威主義体制のせいか、人々はなかなか本音を語らない。
    ドバイのブームが去ってからはアブダビが湾岸のプロジェクトの中心になっている。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
ドバイの憂鬱 湾岸諸国経済の光と影
提供
開始日
2013年
8月30日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル ビジネス、経済
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)
  • 2017年ノーベル文学賞受賞 カズオ・イシグロ特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる