女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日

著作:千葉望

価格: 1,150円+税92円

4.304

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

東日本大震災の大津波は著者の生家・陸前高田の高台にある正徳寺の真下にまで及んだ。その夜から寺に避難した人は最大で150名を数え、庫裏での共同生活が始まった。住職で市役所職員の実弟と坊守の義妹、地域のリーダー、たじろぎつつも支援に立ち上がった全国の僧侶たちの活動を追った、心揺さぶるノンフィクション。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.30(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5 ネタバレ

    tomoclip2012年9月18日

    陸前高田の正徳寺の様子は聞いていた。住職が著者かと思ったが、住職の姉の方である。読みながら涙が止まらなかった。この本は被災の実情だけでなく、災害における宗教者の役割、存在のしかたについても論考している。身を削るような心のふかいところからの著...

    全文表示
  • 5

    nakaizawa2012年6月5日

    (2012.06.02読了)(2012.05.25借入)
    【東日本大震災関連・その89】
    副題が「陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日」だったので、てっきり正徳寺の住職が書いたものだろうと思っていました。読んでみたら...

    全文表示
  • 4

    homodelphinus0032012年5月19日

    2011年3月11日
    あの日からの数週間を思い出して、涙がでてきた

    東北地方から遠い関東にいても
    怖かった
    東北地方の沿岸部に住む、友人知人たちが心配で心配でしかたなかった

    私も、暗い目をして送...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日
提供
開始日
2013年
8月27日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル ノンフィクション
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる