女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

昭 田中角栄と生きた女

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

昭 田中角栄と生きた女

著作:佐藤あつ子

価格: 1,300円+税104円

3.0010

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

なぜ母は、私を生まなければならなかったのか―― 。「越山会の女王」と呼ばれた母・佐藤昭子とオヤジ・田中角栄が、娘の私に遺してくれたことはいったい何だったのか。二年前の3・11に逝った母。その三回忌を前に、「激動の昭和」を懸命に生きた父母の素顔を娘が綴る。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.00(10件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    natsume152015年5月5日

    田中角栄の愛人であり、有能な秘書であった女性、佐藤昭の生涯。


    著者は娘(田中角栄と佐藤昭の間に生まれた子)なのだが、この本は、母の生涯を追うものではあるが、著者自身の「心の整理」というところが大きいのかな、と思った。<...

    全文表示
  • 2

    2013年7月27日

    本書の題名の通り、角栄の本ではありませんでした。越山会の女王と呼ばれた佐藤昭とその娘、あつ子を巡る話し。昭和という時代に成り上がって成功した者たちの、段ボールにお金を詰めて送るような狂気じみた金遣いと権力欲。自殺未遂を繰り返す娘。角栄の人生...

    全文表示
  • 0

    ucym1002012年9月22日

    佐藤昭 のち昭子 S3年生まれ 柏崎町大字枇杷島 いまの柏崎市関町うまれ 母の実家 父方母方も大地主 母方 洋品店文具店化粧品の代理店の竹源という屋号の商店 母ミサ S19死亡 S20/3 東京女子専門学校合格 3/10 東京大空襲
    ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
昭 田中角栄と生きた女
提供
開始日
2013年
8月27日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル ノンフィクション
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる