ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

男の論語(上)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

男の論語(上)

著作:童門冬二

価格: 500円+税40円

4.704

プレミアム会員なら5倍!!

日々の生活のなかで、次のような言葉を聞いたり、または口にしたことがある人は多いだろう。「四十にして惑わず」「過ちて改むるに憚ることなかれ」「一を聞いて十を知る」「巧言令色すくなし仁」「義を見てせざるは勇なきなり」「過ぎたるは及ばざるがごとし」「温故知新」……これらの言葉は中国古代の思想家である孔子とその門弟達が、「人間はいかに生きるべきか」をテーマに、真剣に語り合った問答を編集した、『論語』中の一文である。『論語』に収められた無数の至言は、けっして古臭い教訓ではない。すべての働き手が「カネ万能主義」に疲れ、「心の時代」が求められる今こそ、必要とされる“人生の基本”なのである。本書は、現代に生きる我々が生き方に迷ったとき、その知恵を活用すべく、『論語』を著者独自の視点で読み解いたもの。上巻では「第一学而篇」から「第十一先進篇」までをあつかう。今だからこそ肝に銘じたい男の人生規範を示す一冊。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

男の論語(下)          

男の論語(下)

         
         

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 4.70(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    kato2182013年11月19日

    仁義を守れば、正しく生きていける!みたいな内容。現代に合わせた意訳になっているので読みやすい。子供に読んで欲しい内容。

  • 5

    Lupin The 8th2011年12月22日

    毎年1年の締め括りとして自身の振り返り用に読む本。
    孔子の時代と人間の本性というのは自分も含めて
    何も進歩していないことを痛感させられる…。

  • 4

    saxophone12008年1月3日

    論語を読む前に手に取った本。「論語」から派生して日本の歴史上の人物を交えて説明が入っており「論語」とともに機会があれば手に取りながら自分の生活を省みたくなる本

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
男の論語(上)
提供
開始日
2013年
8月27日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP文庫
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • 電本フェス 幻冬舎の電子書籍3000冊超が一挙40%以上OFF!(書籍)
  • 作って楽しい!食べておいしい!  「食」特集(書籍)
  • 図があるからわかりやすい!記憶、勉強、仕事、人間関係特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる