ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

環境を知るとはどういうことか 流域思考のすすめ

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

環境を知るとはどういうことか 流域思考のすすめ

著作:養老孟司岸由二

価格: 676円+税54円

4.009

プレミアム会員なら5倍!!

生物学者・岸由二は三浦半島の小網代や、都市河川である鶴見川の環境保全活動に尽力し確かな成果を挙げてきた。小網代とは、源流から海までまるごと自然のままで残っている、全国的にも稀有な流域である。岸と解剖学者養老孟司は、本書で共に小網代を訪れた後、「流域思考」を提唱する。大地は大小の流域によってジグソーパズルのように構成されている。自分の暮らす流域のかたちを把握することができれば、他の流域についての理解も可能になり、ひいては地球環境に対するリアルな認識が生まれる。また、葉のつき方、木の並び方などの自然のありさまは、種の生存にまつわる問題の「解」をあらわすものだ。流域を歩き、「解」を見つめよ。そうすれば、地球の中に暮らす人間が持つ「まともな感覚」が得られるはずだ――。後半では元国土交通省河川局長の竹村公太郎も参加。行政者の視点と志を述べる。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(9件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    takeshishimizu2015年2月1日

    子どものころよく松尾大社の近くの桂川で泳いで遊んだ。それがいつのころからか、遊泳禁止になった。今は木津川の近くに住んでいるが、子どもたちの学校では子どもだけで川に遊びに行ってはいけないと指導されている。実際、最近、近くの小学校の児童が、子ど...

    全文表示
  • 3

    edward08122012年12月15日

    流域思考という考え方に興味があり気軽な気持ちで手に取った本書だが、環境保護活動と行政の関わりなど、少し込み入った内容だった。ただ頭で理解するよりも実際に自然を感じる事、特に子供時代の原体験が大切なのだと思った。次世代に美しい自然を残すために...

    全文表示
  • 5

    てらお2012年4月26日

    環境についての、たくさんの話題があり、とても刺激的でした。

    その中でも、流域思考についてとても興味を持ちました。

    手軽に読めて、刺激を受けるのにとても良い本だと思います。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
環境を知るとはどういうことか 流域思考のすすめ
提供
開始日
2013年
8月27日
ファイル
容量
約9MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHPサイエンス・ワールド新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • 新刊1冊目お試し読みフェア!(書籍)
  • フラウス写真集 400作品以上ラストサマーSALE(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる