女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

[新版]自立と孤独の心理学

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

[新版]自立と孤独の心理学

著作:加藤諦三

価格: 787円+税62円

4.003

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

一人でいることを楽しめない、嫌われたくないから他人の意見に迎合する……、それは、他人の評価に頼ってしか生きられないから。他人の評価を気にしているから、いつも不安な気持ちにさいなまれ、その不安を解消するために愛着行動を起こすのである。本書は、心のバランスを崩す要因となっている“分離不安”について取り上げ、苦悩に満ちた人生を実り多きものに変換していくためのヒントを説き明かす。親の束縛や過度の干渉を受けて育った人は、期待に応えなければ愛情の絆から分離されてしまうと思い込んでいると著者はいう。「些細なことで怒るのは愛情に飢えている証拠」「心の支えがないから人からの評価を求める」「虚勢を張るのは劣等感の裏返し」など、他人の言動に過敏に反応してしまう心理を鋭く分析し、いかにして真の自立と自由な生き方を実践するかを説く。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    murarara2014年5月10日

    googlebooksで見た範囲だけだけど、愛着理論とか触れている。
    最後の方のページから引用。
    ”心の中にいつも一緒にいてくれる愛着人物を持った人は強い。それがたいていの人は親である。しかし、親を信頼できなかった...

    全文表示
  • 4

    はっちぃ2013年2月10日

    幼少期の分離不安から来る不安感や孤独感について書かれた本。
    小さい頃の家庭環境、親との関係が人生にどう影響してくるか。様々な角度から教えてくれる。
    自分が愛情を欲する人がいる、でも、その人を信頼できない。信頼したくて、でもできな...

    全文表示
  • 0

    tukattyan2011年12月19日

    自立もしてないのに、結婚なんてしたくねえ。子供だっていらねえ。自立してない人間がいすぎて困る。日本なんてそんなもんかもしれねえな。政治家とかも自立してる野郎は多いか?否。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
[新版]自立と孤独の心理学
提供
開始日
2013年
8月27日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 人文、思想
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる