ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学

著作:坂口孝則

価格: 684円+税54円

410円+税32円

3.3024

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

牛丼屋は安さの限界を追求する。よって並盛り一杯350円の儲けは、およそ9円。だが、利益を伸ばす余地はまだある。材料費が10円下がれば、同じ値段でも儲けは倍になるのだ。かように、どんな業種も仕入れの工夫でさらに利幅を増やすことができる。いってみれば、仕入れほど、売り手と買い手が激しい価格交渉を繰り返し、互いの知恵を戦わせる分野もない。仕入れがわかれば、モノの値段と利益の本質が見える!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(24件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    bleusky2017年4月10日

    現役バイヤーの著者が語るだけに、豊富な事例と具体的な数値が列挙されている。
    自らの経験や同業者から聞いた話など、話題に上る業界は幅広い(飲食、小売、製造など)。
    内部に関わる者しか知りえない裏話もあり、その商品の原価をめぐる攻防...

    全文表示
  • 2

    tadasiiyou2013年10月24日

    【牛丼一杯350円として】
    牛肉80円
    タマネギ5,4円
    タレ30円
    ご飯40円
    お茶、紅ショウガ、紙ナプキン20円
    人件費
    900円×3人×24時間×31日=2...

    全文表示
  • 4

    Tokuhisa Hiratsuka2012年6月11日

    タイトルからして会計関係の本かと思ったら、実は仕入れに関する書籍であった。
    当初の思惑とは違ったが、内容的には非常に興味の惹かれるものであった。
    仕入れを有効に行い利益を最大化するために、著者は
    1.できるだけ安く仕...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
牛丼一杯の儲けは9円 「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学
提供
開始日
2013年
10月4日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
幻冬舎新書
出版社 幻冬舎
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル 日本文学
  • 胸にストンと落ちる。自己啓発本50%offキャンペーン(書籍)
  • 要点が集約されてわかりやすいビジネス書特集(書籍)
  • フラウス写真集 400作品以上ラストサマーSALE(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる